研究活動

研究活動の4ステップ

本研究は研究の背景・意義で述べた5点をベースに、渋谷-青山都市領域を具体的な対象として学際的研究を進展させ新たな研究拠点を構築するとともに、基礎的データの蓄積・公開を積極的に行いつつ、青山学院大学として今後の当該領域の都市ガバナンスを牽引することによって大学都市への貢献を果たすことが目的となる。そのために次の①から④の4つのステップを考えている。

①拠点形成のための恒常的研究組織の設置(2018年度)

 必要な国内外の専門家の招聘・参画要請を行いながら、恒常的な研究組織づくりと運営に着手する。HPの作成、定期的電子版ニューズレター発行の準備(活動報告、研究成果概要の発表、シンポジウム開催通知など)、今後整備するGISを基礎に据えたデータベースデザイン、データ入手などに着手する。このスタート段階から若手研究者や大学院生・学生を調査団として組織し人材育成をはかる。

②基礎的データの収集・蓄積(2018~2019年度)

 第一に、東急との協力関係のもと各種史料やデータの提供を受け、民間ディベロッパーによる市街地開発の実態解明を行う。東急とは2018年度から自主的な勉強会を開始し、今後定期的な研究会を予定している。第二に、行政の取り組みについて、東京都公文書館の史料調査ほか、渋谷区・港区の協力を得て行政文書の発掘を行う。第三に、商店会、自治会などの地域団体の史料調査を行う。先行する「渋谷学」の実績を共有するため國學院大學関係者の協力を得る。第四に、明治神宮研究所の関係史料の発掘に努める。基礎データは都市領域アーカイブとしてマッピング可能なGISデータ形式で蓄積しながら、古写真や映画・TVフィルム等画像データも収集する。このような総合的な試みは、都市アーカイブとしてはわが国初の試みとなる。

③研究論題の抽出と分析・公表(2018~2019年度)

④成果の公表と国際的研究集会の開催、オリンピックにむけてのイベント開催(2019~2020年度)

 上記1.~5.の研究成果は、外部講師も招聘し2019年の研究集会とプレ・シンポジウムにて発表し、2020年度はオリンピック開催年に合わせて、総まとめの国際シンポジウムを開催するとともに、都市史学会での発表(2019・20年)、出版物、デジタルマップ、学生参加型イベントとして公表する。地域ガバナンスの方向性を提案し広く成果を発信する。2021年度に成果を報告書にまとめる。

青山学院大学への貢献

青山学院大学はいまや東京のなかで渋谷-青山というもっともプレステージの高い地区に立地する都市型大学として認知されるに至ったが、その内実はまだ整っていない。本研究企画は青山学院大学が潜在的に有するプレステージの中身を実証的な学術研究と産学共同の実践的成果によって明示化し、今後当該地域の重要なアクターのひとつとして21世紀の大学が果たすべき役割を自覚することが目標である。研究拠点形成のなかで、若手研究者の育成はもとより、新しい都市型ビジネスモデルの開発や人材を本学から輩出することが期待できる。